2015年07月31日

『世界の果ての通学路』

 以下の文章では、映画『世界の果ての通学路』の内容に触れています。ご了承ください。


 ドキュメンタリー。いや、言いたいことが決まっているという点では、自然をありのままに撮ったようなドキュメンタリーとは違うのだが。

 最初に字幕で「学校に通える幸せを忘れていませんか?」と出て、ほぼそれがテーマだと言える。
 ケニアに住む11歳の少年ジャクソン。学校まで11キロ。
 モロッコに住む12歳の少女ザヒラ。学校まで22キロ。
 アルゼンチンに住む11歳の少年カルロス。学校まで18キロ。
 インドに住む11歳の少年サミュエル。学校まで4キロ。
 ザヒラだけは寄宿舎に入っているので、月曜の朝に行くと、週末までは帰らない。他の子どもたちは毎日である。カルロスは妹と一緒に馬に乗って行く。サミュエルの4キロは他に比べると短いように感じられるかもしれないが、サミュエルは車椅子に乗っていて、弟二人が押したり引いたりしていくのだ。
 四人の話が並行して描かれる。馬に乗っていても山道は大変だし、自家製の車椅子は途中で壊れそうになる。待ち合わせて一緒に行く友達が足首が痛いと言い出し、ヒッチハイクしようとするが、なかなか乗せてもらえない。
 というようにどこでも苦労はあるのだが、もっとも印象的なのは、草原の15キロを2時間で行くケニアの少年だと思う。父は「象を避ける道」を教え、少年は連れていく妹に気を配りつつ「こっちを駆け抜けるぞ」「急げ」などと指示を出す。ケニアでは毎年4、5人の子どもが象の犠牲になる、とナレーションが入ると「野生動物の保護」という観点からとはまた別な、厳しい現実が見える。通学は文字通り旅であり、冒険なのだ。
 何のためにそこまでして学校へ通うのかと言えば、きちんと勉強して、将来なりたいもの(パイロットだったり医者だったり学校の先生だったり)になるため。「勉強したいなら頑張らないと」という言葉がこれほど嫌味なく聞こえる映画も珍しい。
 もちろん、学校には「勉強するところ」以上の魅力があるのだろう。サミュエルが到着すると、同級生が7、8人も寄ってきて車椅子を押していく。サミュエルを助けようというよりも、車椅子を押すのが楽しくて仕方がないというように。いい笑顔だった。  

Posted by mc1479 at 13:38Comments(0)TrackBack(0)

2015年07月08日

キューブリックの旧作

 以下の文章では、映画『非情の罠』『現金に体を張れ』の内容に触れています。ご了承ください。

 スタンリー・キューブリック監督の古い映画を放映していたので、見た。1955、1956年の映画。キューブリック作品というと、大作(上映時間も長い)というイメージがあるが、この2作は2時間もなく、モノクロ。どちらも犯罪映画。

 撮影にはこだわりが感じられる。『非情の罠』の主人公は、大事な試合に負けたボクサー。そのボクシングの試合は、さまざまな角度から執拗に映される。ビルの屋上での追っかけや、マネキン人形のたくさん置かれた倉庫内での闘いは見どころになっている。もやにかすむ高層ビルはゴシック建築のようにも見える。
『現金に体を張れ』は、競馬場から金を盗むという完璧に見えた計画が、情報がもれたこと等によって崩れていく様子を描いている。同じ時間帯の出来事が、別の人物から見た形で再構成されたりする描き方が面白い。ひとりだけは逃げおおせるのかと思ったら、飛び立つ寸前の空港での逆転。
 どちらも、犯罪ものの持つ、ヒリヒリするような感覚があって、鍵になる女(運命の女なのか、裏切る女なのか)も印象的。
『非情の罠』の中に「幸福で金が買えるか」というセリフがあって、面白いと思った。逆(「お金で幸福が買えるか」)は聞くけれども、こういう言い方もあるのか、と。
 おそらくこういう犯罪映画だけ作っていても、キューブリックにはそれなりのマニアックなファンはついたのではないか。スタイリッシュで驚かせるような場面もあって。しかし、やはり「世界の映画作家」と言われるようになるためには、もっと独特の、他には見られないような映画の誕生を待つしかなかったのだろうという気もした。  

Posted by mc1479 at 12:11Comments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mc1479