2013年10月24日

映画『すべては君に逢えたから』を見てきました

 公開前の映画ゆえ、気をつけて書いてはおりますが、「何の先入観もなく映画を見たい」という方は、ご覧になる前にはお読みにならないでください。

 東京国際映画祭の「特別招待作品」として『すべては君に逢えたから』が上映されるので、、見に行った。公開より一か月前に見られるのなら、やっぱり見たい。

 そもそも、日本版『ラブ・アクチュアリー』を目指したというこの映画。『ラブ・アクチュアリー』や『バレンタインデー』と思い比べながら、見た。恋人どうしのベッドシーンが一度もないことが、恋愛偏重ではなくいろいろな世代の観客に見てもらおうという意図の現れのように見えた。
 予告編を見た時から気になっていたのは「余命を宣告された新幹線の運転士」の話があるということ。そもそも「死にゆく人の話」と「同性愛」は『ラブ・アクチュアリー』が慎重に排除した要素だ(なぜ「排除した」と言えるかというと、脚本の原型を基にしたノベライズには、それらの要素が入っているから)。『バレンタインデー』では意外な形で「同性愛」を取り入れていた。
 そして『すべては君に逢えたから』では「死にゆく人の話」が入るのか。これで「泣かせよう、泣かせよう」とする話になっていたら嫌だなと思っていた。けれども見終えてみると、運転士の話にも明るさも盛り込まれていて、気持ちよく見ることができた。

 一番感じたのは、思った以上に「モノ」語り――モノを重要な要素にした話が多い、ということ。
 うまくいかない遠距離恋愛の話では「モノ」の無くなった所での復興を目指す仕事に従事する津村(東出昌大)から見れば、「モノ」のあふれる東京で、ファッションという虚飾に満ちたモノに関わる山口(木村文乃)が遠く感じられることはあるだろう、と納得した。
 養護施設で暮らす女の子にとっては、クリスマスカードという「モノ」が大事な支えになる。
 ウェブデザイン会社の社長、黒山(玉木宏)と、小さな劇団員の佐々木(高梨臨)という結びつきそうにない二人を結びつけるのは、DVDという「モノ」だ。
 日本人は、西洋人に比べると「モノ」に心や魂がこもっているという考えを持つ人が多い、と聞いたことがある。
 客観的に見れば、ただの「モノ」でしかないが、それが人そのものの代わりになったり、歳月を表したり、忘れえない思いになったりする。そういう意味では、ケーキ屋の店主・大島(倍賞千恵子)の話が一番の「モノ」語りなのだが、これは明かすわけにはいかない。

『ラブ・アクチュアリ―』や『バレンタインデー』に比べると「笑い」が少ないのではないか、というのも気になるところだ。確かにおバカな笑いはない。けれども明るいパートは黒山―佐々木ペアが担当している。玉木の華やかな存在感とメリハリのきいた演技はこの映画を支えていると思うし、この二人のエピソードは下手をすると一番わざとらしくなりそうなのに、説得力があって、もっともっと見ていたいと感じさせ、クリスマスらしい雰囲気を盛り上げる。
 全体として、人生のさまざまなステージにおいて「こういうふうに見てみれば、少し今までとは違って見えるかも」と優しく提案しているような温かな映画。  

Posted by mc1479 at 09:56Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月20日

本『旅屋おかえり』感想

 以下の文章では『旅屋おかえり』の内容に触れています。ご了承ください。

 ひとつの小説なのだが、かっきり2部に分かれているような構成。第一部は唯一のレギュラー番組(『あけぼのテレビ』の中の『ちょい旅』というコーナー)が無くなって「旅をしてレポする売れないタレント」からいっそ「旅屋」になろう、とそういう仕事を始める話。
 第二部は「旅屋」にもそろそろ慣れてきた時に持ち込まれた『あけぼのテレビ』スポンサー会社の会長さんに依頼された旅をする話。そう、「旅屋」というのは、何かの理由で旅ができない人に代わって旅をする仕事なのだ。旅をしてきましたよ、という証拠は旅先で撮ってきたDVDだったり、依頼人に頼まれたもの(これを持って来て下さい)だったりする。
 第一部はALSという筋肉が動かせなくなっていく難病の娘に代わって、という母からの依頼を受けての話。
 第二部は、長い間会っていない姪に当たる女性を訪ねてほしいという依頼。
 もちろん、それぞれに旅先での人との出会い、おかえり(というのがニックネ-ム、芸名は丘えりか)自身の成長などもからめて、気持ちよくまとめている。
 場面的にはもう少し詳しく描いてほしいな、と思うところもある(手漉き和紙を作る場面とか)。でも、このテンポの良さと最終的には根っからの悪人はいない、というところがこの作品の良さだと言われたら、その通りだと思う。旅気分を味わえるお得感もあるかも。  

Posted by mc1479 at 19:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月11日

映画『アンコール!』を見て

 以下の文章では、映画『アンコール!』の内容・結末に触れています。ご了承ください。

 元気のいい、歌も上手なバネッサ・レッドグレイブが映画半ばで死んでしまう。もちろん、始まった時から体調悪そうというのは見えていて、途中で「再発」という言葉も出てくる。そしてもう積極的な治療法はないので、残りの人生を楽しもうとする。
 けれども夫のテレンス・スタンプの方はそれを受け入れていない。「逝ってほしくない」と言い、実際に彼女が死んだ後は、彼女の分が空いたベッドに眠ることさえしなくなる(ソファで寝ている)。後半の話は、だから彼が再びベッドで眠れるようになるまでの話なのだ。
 妻が亡くなると、息子とはますますうまくいかない。息子は自分のことを(父は)ちっとも認めてくれないと思っており、父がさすがに寂しくなって息子に話しに行った時には、息子にとってタイミングが悪い。
 夫は亡き妻の所属していた合唱団に入り、妻がかつて自分に対してしてくれたように、自分も妻に対する愛の歌を歌うのだが……
 
 もちろん、気持ちよく終わる。彼らの合唱団はコンクールで3位に入賞し、孫娘の励ましも得ることができた。そして男は再び、ベッドで眠れるようになる。
「良い話」と言えばそうなのだが、物足りないと言えば物足りない。面白いのは、妻に先立たれた男が「人生を楽しむ」ことを覚えようと頑張る、という設定だと思うが、それは後半になってから出てくるので、男が「頑張る」決意をしてからは、たいした障害が出てこないからだ。いっそ、最初の場面で妻に死なれた男がその後どうするか、という話だったら乗り越えなければならないことも詳しく描かれていたのかもしれない。でも、それではバネッサ・レッドグレイブの出番がなくなる。となると、やっぱりこの2部構成のような映画になるのかな……  

Posted by mc1479 at 18:59Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月09日

『事件救命医~IMATの奇跡』感想

 以下の文章では10月6日に放映されたドラマ『事件救命医~IMATの奇跡』の内容・結末に触れています。ご了承ください。

 楽しみにいていたドラマ。「映画並みに贅沢に作った」という触れ込みもさることながら、井上千尋プロデューサーの「玉木さんの凛とした力強い佇まいは、正義感あふれる医師役を演じていただくのにぴったりだと思いました。さらにこの役はミステリアスな一面もあわせもっており、この深みを演じられるのは玉木さん以外、考えられません」という言葉が嬉しくて、見る前からこのプロデューサーにお礼メールを出そうかと思ったくらい。
 そして見たドラマは、期待を裏切らない出来。TVドラマの使命が「飽きさせないこと」だとしたら、見事にそれをクリアしていた。IMAT(事件現場医療派遣チーム)とSIT(警視庁の特殊犯捜査係)の合同訓練から始まり、訓練中に倒れた隊員への応急手術、公園で起きた爆破事件の犯人の死、銀行たてこもり事件……とめまぐるしく展開する。
 もちろん私は刑事モノをそんなにたくさん見ていないし、医療に従事する人から見れば「この描写はちょっと…」ということもあるかもしれない。けれども脇役に至るまでピッタリと思える配役や、それぞれの人物を一面的でなく描こうとしているのはさすがだと思う。

 東京スカイランド爆破事件で、共に幼い時に父を失った日向晶(玉木宏)と影浦琢磨(田中圭)。日向はIMATの一員として、影浦はSITの隊員として同じ事件に臨むことになるわけだが、日向・影浦という名前からわかるように、彼らは対になる存在なのだ。さらに、東京スカイランド爆破事件の犯人が送ったとされる犯行声明の「太陽がまぶしかったから、やった」という言葉が、「日向」に関連している。
「太陽がまぶしかったから」というのは、カミュの『異邦人』の主人公が、人を殺した理由を問われて答える言葉である。『異邦人』は、人間性の不条理を描いた文学とされている。そして、このドラマの中では、そういう不条理は一番深く、日向の中に折りたたまれている。
 日向がどんな人間であるかを垣間見せてドラマは終わるのだが、そこに至って「玉木さん以外、考えられません」というプロデューサーの言葉に納得する。抱えた闇を表現できる人でなければならない。でも最初から怪しそうに見えては興ざめだ。
 事件現場での日向は、独断的と言っていいくらい行動的だが、それは「医師としての使命感からくる勇み足」なのかと思って見ていると、最後に至って「この男は全能感〈自分には何でもできるという思い)に突き動かされていただけではないのか」とも見えてくる。銀行たてこもり事件の犯人が「最高の権力は、人を殺すこと」と言った時に日向が見せる目つきも、複数の解釈が可能になる。
 しかし、そういう不条理さをたたみ込んでなお、ひとりの人間として「こういう人間はいるだろう」と感じさせるところが巧み。ラストシーンの、ゆがんだようにも見える後ろ姿にもゾクっとさせられた。  

Posted by mc1479 at 08:42Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月04日

『歩いても歩いても』(映画)感想

 以下の文章では『歩いても歩いても』の内容や、他の是枝監督作品について触れています。ご了承ください。

 子連れの女性と結婚した良多(阿部寛)が、お盆に実家に帰ってくる。町医者をしていたがもう引退した父と、ずっと主婦だった母。「一緒に暮らそうか?」と何度も言っているらしい姉夫婦(子ども二人)も来ている。登場人物のやり取りから、この姉弟の上にもうひとりジュンペイ(漢字がわからないのでこう表記する)という兄がいたこと、その兄はもう何年も前に海で人を助けて亡くなったことがわかってくる。
  
 是枝裕和監督の作品で映画館で見たのは『誰も知らない』と『空気人形』。そして今回、ケーブルTVでこれを見ただけの私が言うのも何だが、是枝監督の作品は日常生活が淡々と描かれる中で不意に残酷なことが現れるのがすごいと思う。「すごい」という表現があまりにも雑なら、その残酷さの現れ方がリアルだ、と言えばよいのだろうか。『誰も知らない』の、ひとりの子の死。『空気人形』はそもそも話が特殊、と言われるかもしれないが、クライマックスというか、ラストに至るところ。
 そしてこの『歩いても歩いても』にはこんな場面がある。死んだ兄に救われた人は今はもう25歳になっていて、お盆には毎年来ているらしいのだが、その人が帰る時に母が言う。「来年もまた顔を見せて下さいね。約束よ」
 あとで母と二人になった時、良多は「もう来てもらわなくていいんじゃないか。かわいそうじゃないの。俺たちに会うのつらそうだし」と言う。すると母は「だから呼んでるんじゃないの」と答える。「あの子にだって、年に一度くらい、つらい思いをしてもらってもバチは当たらないでしょう」
 これが一番残酷な場面かな、と思って見ていると、そのあとさらに、部屋に迷い込んだ蝶を見て、母は「ジュンペイかもしれない」「やっぱりジュンペイよ」と追う。
 この母を演じているのが樹木希林。巧いのはよくわかるのだが、残酷な見せ場を彼女が独占しているようなところに、ちょっと不満がある。父役の原田芳雄にだって、もう少し見せ場があってもいいのに、と思ってしまうのだ。
 ここに描かれた「母とは、こういう存在だ」という母の姿に納得できる人には愛せる映画になると思う。  

Posted by mc1479 at 07:09Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月01日

ハンバーガーを上手に食べるのは難しい

 少なくとも、私にとっては。
 中身がはみ出る、ソースがこぼれる。という事態になりがちで。だから『スマ ステーション』(9月28日放映)での玉木宏の思いきりのいい、かつきれいな食べ方に見とれた(たぶんもう何千人もの人がそう書いているが)。
 番組中に ハンバーガー大学の講習が紹介されていた。リーダーシップの公式というのがあって、信頼×敬意=影響(信頼と相手に対する敬意があってこそ、影響を与えることができる)だそうだが、彼の場合、食欲×(食べ物への)敬意=理想的な食べ姿 なのだろうか。

 しかしテレビ番組というのは、現実にはあり得ないことを間近で起こっているかのように見せてくれるものだと、改めてつくづく思った。三つ揃いのスーツを着た美しい男がハンバーガーを6個も食べているなんて、実際のハンバーガー・ショップでは見られるはずもないわけで。それをこちらにじろじろ見させてくれるテレビというメヂィア。

 ところで最後に出た『事件救命医~IMATの奇跡』〈10月6日放映予定)の紹介。アナウンサーも「ラストがドキッとしました」「こんな結末なのかと」と言っていたが、気になる気になる。
 1 全部訓練だった(まさか)
 2 全部夢または妄想だった(無理)
 3 せっかく救った患者がすぐに自殺。もしくはすぐにまた犯行に及ぶ。
 想像力が乏しいので、それくらいしか思い浮かばない。放映が楽しみ。
  

Posted by mc1479 at 16:44Comments(3)TrackBack(0)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mc1479