2013年09月27日

『幸福のスイッチ』(映画)感想

 NHK-BSで放映されたのを見た。予想とは少し違ったのだが、物足りないところがあった。
 以下の文章では『幸福のスイッチ』の内容に触れています。ご了承ください。

 東京のデザイン会社で上司に反発し、勢いで「辞めます」と言ってしまった主人公が、実家の電気店を手伝いながら、今までより家族のことを理解していく。
 母は既に亡くなり、電気店は父が経営(その父がケガで入院したので、手伝いのため呼び戻された)。子どもは女ばかり3人。結婚して妊娠中の長女、高校生の三女。主人公の怜は次女。
 都会生活に失敗した主人公が田舎で癒されていく、というのなら、よくあるパターン(嫌いではない)。ただ、ここでは怜が上映時間の半分以上も不機嫌な顔のままなので、見ていてしんどい。
 地方にも大型安売り電気店は進出している。小さな電気店のおやじである父は、買ってもらった後の修理を大事にし、何もなくても「電灯切れたりしてませんか」と聞いて回り、呼ばれれば豪雨の中でも出かける。
 怜もそのやり方に巻き込まれるうちに、自分で「お客さんに喜んでもらえた」と思える瞬間に出会うのだが、そのようにして小さな電気店のあり方を肯定していくところに、不満というか不安がある。どのみち、そういう小さい店の将来は明るくないだろう。大事なお客さんの高齢化も進んでいる。そういう危惧にちっとも触れないで、主人公を「心温まる人とのつながり」に入れようとしていくのは、どうだろう?

 もっとも、怜はまた東京に戻って、もとの会社に勤める。それくらいは「大人になった」わけだ。
 怜がもうひとつこだわっていたのは「父が浮気をしていたのではないか」ということ。これに関しては、怜よりも思い切りのいい妹が「確かめに行こうよ!」と言い出し、女のところへ乗り込む。女の話を聞いてもビミョーなのだが、その「浮気だかどうだかわからない」ということを、姉と妹は「ま、いいか」と肯定し、怜だけが「いいの~?」と叫ぶ。しかし、それ以上何か行動するわけでもない。主人公の、こういう「はっきりさせたいのか、そうでないのかよくわからないところ」も受け入れにくい。姉と妹は「はっきりしないままでも構わない」と思える人たちなのだが。
 いずれ先細りになっていきそうな地方の暮らしをそのまま肯定しているところと、主人公の歯切れの悪さ。それが、どうもこの映画を好きになりにくい理由だと思う。  

Posted by mc1479 at 08:17Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月22日

デルフィニウム

 海を思わせる青い色の花、と見えるのは実はガクが変化したもので、花はその中にあるそうだ(アジサイみたいですね)。
「つぼみが、イルカに見えるというのが名の由来です」
 イルカはドルフィン。そうか、ドルフィン→デルフィニウム。
「茎にも葉にもいくらか毒性がありますから、食べたり、蜜を吸ったりなさらないように」
 そうなんですか。すずらんに毒のあることは知っていたけれど、この美しい青い花もそうだなんて。
 デルフィニウムというと『結婚しない』第4話で工藤純平くんが結婚式のブーケに作った花、というイメージしかないもので。危険な花でもあったんですね。
 おまけに。この小説にも「花言葉を添えてある花屋」が出てくるのだが、デルフィニウムに添えられたタグが「私は浮気者」。えっ?
 しかしタグを裏返すと別の言葉が書いてあって「あなたは清らかな人」。
 花言葉にはいくつもバリエーションがあるとはわかっていたつもりだけれど、そうなんですか。
 
 ちなみに、これらのことが出てくるのは、長野まゆみの小説『レモンタルト』。
 長野まゆみといえば、少年たちの心情を描く人、という印象があったのだけれど、こういう大人の男を主人公にした話もあるのだ。『レモンタルト』は、表題作を含む短編連作集。語り手の私(男性)は、姉亡き後も、二世帯住宅のようなところに同居する義兄に、心惹かれている。すっかりデルフィニウムのことばかり書いてしまったが、義兄とのそういう設定が好みだわ、と思われる方はどうぞ。  

Posted by mc1479 at 08:57Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月19日

それでも『MW』が好き(映画『MW』感想)

チャンネルNECOで『MW』を放映していたので、楽しんだ。もちろん映画館でもDVDでも何度も見ているんだけれど。このブログを見てくださっている方は気づいていらっしゃるかと思うが、私は玉木宏好き!で『MW』落ちなのだ。
というわけで以下の文章では『MW』の内容に触れています。ご了承ください。

 もちろんこれが突っ込みどころの多い映画なのはわかっている。2009年度のベスト映画・ワースト映画を選ぶ雑誌の投票で、ワーストに入れていた人がいるのも知っている。良し悪しの判断と好きの基準は違う、と言ってしまえばそれまでだが、私は『MW』が好き。と言うより結城が好きなのか。

 冒頭のカーアクションのシーンは長過ぎでしょ?と言われれば、ハイ、そう思います。あそこを長くするのは原作の手塚治虫の意図に反するような気さえする。手塚治虫は、苦しみを描く時、頭の中で苦しんでいるだけではなくて肉体に感じられる直接的な苦しみとして描こうとしてきたように思う。アトムのようなロボットなら、壊れる。見ている側はそこに痛みを感じる。ましてや生身の人間なら。
『MW』の結城は、国家に抹消されようとしたという精神的な苦痛だけでなく、毒ガスの後遺症を負っている。それが彼の苦痛をリアルに感じさせる。そのため、復讐する相手に対しても、肉体的苦痛を感じさせることを課しているようだ。だから、殺しに至るシーンは長い。しかし、カーアクションでは、生身の人間が苦しむわけではない。そういう点において、手塚作品の意図から離れているような気がする。
 国家、というのが抽象的な存在だとすれば、個人というのはひとりひとりの具体的な存在だ。具体的な人間であることを強調するためにも、国家に挑戦する個人である結城の身体は余すところなく映し出される。
 原作の結城は、自分の身体を最大限に利用する。MWを盗み出すためにも、男と練る。毒ガスという目には見えない、したがってその恐ろしさも見えにくい「悪」に対して、生身を傷つけられている結城は生身で反撃する。
 映画の結城は男を陥れるために自分の身体を使わないけれども、それを補って余りあるのが結城=玉木の説得力ある身体なのだ。

 彼の身体を丁寧に映し出すことが映画のアピールになることは作り手も心得ていて、最初のほうにシャワーシーンを持ってきたのだと思う。細身の、しかしギスギスしてはいない滑らかな身体は、手塚マニアも納得の(手塚作品の主人公はそうであることが多い)両性具有的だ。
 銀行員としての顔の時はスーツ姿で、後半、犯行を重ねていく時になると腕をむき出しにした黒ずくめの格好になるのも、その身体の美しさを効果的に見せている。
 もちろん、結城のやっていることは社会的には悪事に違いないけれど、彼の行為が魅力的に見えるのは、国家と個人が対立した場合、必ずしも個人が負けるわけではないことを見せてくれるからだ。国家に圧しつぶされない個人。そういう話なら他にもあるよ、と言われるかもしれない。が、そういう個人をここまで美しい、色気のある人が演じることはあまりないと思う。そこが、私が未だに『MW』を好きな理由。そしてその身体を結城そのものにして映像に焼き付けてくれた玉木宏を熱愛する理由なのだ。  

Posted by mc1479 at 07:02Comments(2)TrackBack(0)

2013年09月15日

映画『バレンタインデー』を見てみた

『すべては君に逢えたから』は『ラブ・アクチュアリー』のような映画を作りたい、というところから企画されたと聞いていたけれど、最近の雑誌のインタビューを見ると『ニューイヤーズ・イブ』も参考にしたらしい。と言ってもそう都合よく『ニューイヤーズ・イブ』を放映していなかったので、運良く放映のあった『バレンタインデー』を見た。『ニューイヤーズ・イブ』と同じゲーリー・マーシャル監督作品で、こちらも多数の人がからむ物語だから、共通点はあるだろう(作られたのは『バレンタインデー』の方が早い)。
 というわけで、以下の文章では『バレンタインデー』の内容・結末に触れています。ご了承ください。

 10組以上のペアが登場するが、意外なところで誰かと誰かがつながっていたりするのは、この種の映画のお楽しみ。10歳の男の子の恋を描いている点が、『ラブ・アクチュアリー』から影響を受けている感じがした。
『ラブ・アクチュアリー』は何週間かにわたる物語だが、これは文字通り『バレンタインデー』一日の物語。朝から始まって夜中で終わり、そこでうまくまとめて見せる。
 中心になっているのは花屋の男。彼のシーンから始まって、彼のシーンで終わる。その次に多く出てくるのが、花屋とは長年の友人の小学校の教員。男女だが友達と思っていたこの二人が、最後に結ばれる。
 花屋と小学校教員、という設定に企みがあると思う。両方とも多くの人に接する職業だから、つながりを作りやすいのだ。特に、バレンタインデーの花屋は大忙し。配達の途中で誰かに会ったり、注文に来た人からその思いを悟ったりもする。
 さらに、TV局のインタビュアーも登場して、次々に出てくる人たちをつなぐ役目も果たしている(花屋は市場で、そのインタビューに答えていた)。
 意外さも含め、そういう巧いつなぎ方に計算を感じるのも確かだ。なるべくいろいろな人を登場させようとしているのもわかる。
 でもその分、『ラブ・アクチュアリー』に登場した、アメリカへ行けばモテると信じているイギリス男(そして実際にモテてしまう)のようなバカバカしいエピソードはない。
 それぞれの登場人物が、あまり気の毒な目にあわないようにもしている。『ラブ・アクチュアリー』ではエマ・トンプソンが長年連れ添ってきた夫に浮気される妻を演じていた。気の毒だが、泣いているエマの場面はとても良かった。作り手が彼女を愛しいと思っていたからだろう。
『バレンタインデー』は収まるべきところに収まったという感じのする映画だけれど、おバカな行動をする登場人物への愛しさはあまり感じられない。バカな行動は、その後に来る収まるべき結末へ向かうための一段階のように描かれている。
 そこを「巧い」と見るか、「もうちょっと偏りがあってもいいのに」と見るか。これをよく出来た映画と思えるかどうかは、そこにかかっているような気がする。  

Posted by mc1479 at 06:57Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月09日

『小さいおうち』(感想)

 中島京子の小説『小さいおうち』を読んだ。映画化が決定していて(もう撮影済み?)どんな話だろうと興味を持ったから。以下の文章では、この小説の内容・結末に触れています。ご了承ください。

 かつて住み込みの女中として働いていたタキが年をとってから書き留めた思い出が中心になっている。十代から勤めた平井家。奥様の時子は出会った時、22歳。ただし、息子を連れての再婚。旦那となった平井氏は見合いの席での約束通り、新しい家を建てる。赤い三角屋根で、玄関脇にステンドグラス、応接間に丸窓がある。十数歳年上の旦那は見かけはぱっとしないが、玩具会社に勤めていて、その業界は日の出の勢いだった。

 ひとりの女主人に仕え、その主人を大好きな女中――という設定から私が思い浮かべたのは、カズオ・イシグロの『日の名残り』だ。こちらは男性だが、イギリスの執事が自分の仕えた主人とその屋敷を思い出し、語る。『日の名残り』でも戦争は大きな影を落としていた。主人は「ナチに協力した」とされ、戦後は不本意な生活を送ったようだが、とにかく執事は主人が好きで仕方がないのだ。『小さいおうち』の奥様は政治的なことには関わりはないけれども、この女中も女主人の欠点をも含めて彼女を愛している。語り手が主人に寄せる愛情と、仕える者としてのプロフェッシュナルな誇りを持ってする仕事ぶりが描かれているところに、両者の共通点を感じる。

『小さいおうち』は、あくまでも女中の目から見た世の中の移り変わりだ。昭和初期の「東京でオリンピックが開催される」というウキウキした気分の時期から、戦争中の話へと向かっていくわけだが、ひとり息子の京一の病気とその治療、一家で社長さんの鎌倉の別荘に招かれる様子などが描かれ、そこに板倉という社員でありデザイナーである青年が登場する。そして、タキは奥様が板倉に恋したことを知る。
 奥様はなぜ板倉に恋したのだろう? 旦那よりも年齢が近い、映画や音楽の話をしてくれる、漫画も読むから坊ちゃんにも喜ばれる、台風の時には電車で帰れなくなった旦那の代わりに窓に板を打ち付けてくれた。それらのことは、タキから見ても好意的に描かれるが、タキは奥様の恋は進行させまいとする……
 いよいよ戦争が激しくなると、タキは故郷に帰り、やがて終戦。タキの手記はこの辺りで途切れ、終章には漫画家になった板倉の作品についてと、タキの手記を読んだ健史(タキの甥の次男)が、かつて坊ちゃまだった平井恭一氏に会って話すところで終わっている。

 タキの目から見ることで、奥様は魅力的に描かれ、それがこの作品を読み進めたいと思わせる力になっている。もちろん、語り手はいろいろと隠しているかもしれない。しかし、そういう含みを持たせた終わり方も受けるだろう。歴史的な背景や具体的な風物を描きながら、あくまでも「かなえられなかった恋」の話にしたところが上手だと思った。  

Posted by mc1479 at 18:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月04日

『小さな村の小さなダンサー』感想

以下の文章では映画『小さな村の小さなダンサー』の内容・結末に触れています。ご了承ください。

 日本題名は内容からちょっとズレている、と書いていた人がいる。確かに、原題『マオ(毛沢東)の最後のダンサー』の方が内容をよく表してはいるだろう。
 小さな村の少年が見込まれて、都会で審査を受け、選ばれる。親元を離れ、バレエダンサーになるための学校に入るのだ。成長し、仕事として踊る彼らは、江青女史の好みに合わせたバレエを見せたりするが、ある日アメリカのバレエ団から客が訪れる。友好のためアメリカに招かれることになったのが、かつての小さな村の少年リーだった…

 冒頭からしばらくは、アメリカに着いたリーと彼の回想が交互に描かれるが、リーが代役として舞台に立つあたりから話は一筋になる。
 もちろん、その場面も見せ場と言えるのだが、その後に三つくらい見せ場が来る。
 ひとつは、自由に踊ることを覚えたリーがアメリカに留まりたいと願い、アメリカ人女性と結婚して領事館に伝えに行く場面。はらはらさせる。
 二つ目は、それから何年かたってやっとアメリカに来ることのできたリーの両親が、舞台上で踊るリーを見る場面。素直な感動。
 三つ目は、さらにそれから数年後、故郷の村を訪れることのできたリーが、家族や村の人たちの前で踊って見せるところ。風の中、地面の上で踊るのが新鮮。
 実在の人物を描いた話だから、いったいどういうところへ収束するのか、いろいろ想像しながら見た。
 実は、リーはアメリカ国民になる際に結婚した女性とは別れてしまう。リーのほうはソリストとしてバレエ団に迎えられるのに、女性はオーディションを受ける身。でも彼女は踊りを諦めることはできない。彼女がアメリカ人で彼がそうでない間は彼女には手助けできることがあったのに、彼がアメリカ人となった今、彼女には目に見える形で彼を助けられることは最早ないのだ。
 残酷だけれど、そういうことなのだろう。
 アメリカ人が中国人ダンサーを「アスリートのよう。感情がない」と評する場面がある。その中でリーは違う、というのだが、こちらの目から見るとリーの踊りは西洋人ダンサーたちに比べれば、感情表現が抑えられているというよりストイックなように見える。そして、その彼がもっとも感情を込めて踊るのが、故郷の村の地面での踊りのように見えた。  

Posted by mc1479 at 07:43Comments(0)TrackBack(0)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
mc1479